NEWS

ダイアログ・イン・ザ・ダーク × mikketa コラボイベント速報!

皆さん、以前の投稿を覚えていますか? グランフロント大阪で開催中(~10月31日まで)のダイアログ・イン・ザ・ダーク × mikketa コラボイベント、 「暗闇の中のアート『感じる秋』」。ダイアログ・イン・ザ・ダークよりイベント速報が届いたので、こちらでシェアいたします! 行った方も、これから行く方も、遠くて行けない!という方も… ほんの少しだけ、どんなイベントか覗いてみましょう。

 

did4

まずはこちらの絵から。小学生が、暗闇の中で感じたことを素直に表現してくれたとっても惹きつけられる心地の良い絵だなぁ、と思いました。

 

と同時に、’照度ゼロの真っ暗な暗闇の中にある家’が気になります!

did1  did2

感想室でのお写真。  海外からのお客様もいらっしゃったようで、とっても愛くるしいポーズと笑顔ですね。 アテンドの方からのお話では、 “あるお客様は、真っ暗なお家の中での糸や座布団の感触に感動され、感想室では涙ぐみながら、ご自身のお話しをしてくださり、最後には「今日の体験が何かここから抜け出すきっかけになりそうです。」というお言葉を残して帰られました。 ” とのことです。また、ほかのお客様は、ふわふわで気持ちよくなり、雪合戦のように遊ばれたとか! 真っ暗なお家、ますます気になりますね…。   did3

お客様からの声も届いています。

・忘れていた風のひんやりした感じ、美味しい紅茶の香り、ふわふわの糸の手ざわり、すべてを思い出させていただく事ができました。 adidas zx flux pas cher もう一度来たいです。(23歳 女性)

・まだ外は夏の名残りがあり「早く秋を感じたい」と思ってきました。糸の暖かさ、タペストリーの手ざわりに安らぎを感じました。 春夏秋冬ってやっぱり日本の宝物ですね。(53歳女性)

・ふもふもきもちよかった。  (38歳女性)

皆さんの感想はそれぞれ、感じ方もそれぞれ。 十人十色のmikke(発見)がありそうですね。イベントも残すところ2週間、後半に突入です。

私は残念ながら参加できないのですが、もっともっと皆さんの声をシェアして頂けたら嬉しいです。mikketaコメントページや、facebookのコメント欄より、感想をお待ちしています!

ところで写真の中で皆さんが手にしている円錐型のもの、何かご存知ですか?生地を作る過程で廃棄される’糸巻きの芯’なのですが、mikketaではアップサイクルしています。

ご覧の通り、糸がなくなるとポップでかわいい模様が登場! 鍵をかけるキーコーンやペンスタンドとして、ご使用いただけます。

2016.01.16 / お知らせ

mikketaお客様インタビュー「あなたのmikketa教えてください!!」vol.4 井上彩音さん、杉谷杏奈さん

0. プロローグ お客様インタビュー、最後となる第四回は暗闇エンタテイメント(視覚障害者がアテンドとなり、光の一切入らない暗闇の中で様々なアクティビティを楽しむ体験)として大人気のダイアログ・イン・ザ・ダーク(http://www.dialoginthedark.com/)の企画スタッフ井上彩音さん、暗闇アテンドのずなさん(杉谷杏奈さん)のお二人にお話を伺いました。

DID1

1. 「きゃー、なんだか楽しそう」ワークショップがつないだ御縁 mikketaとダイアログ・イン・ザ・ダーク(以下、DID)、そして井上さん&ずなさんとの出会いを教えて下さい。 (井上)DIDとmikketaの出会いは、岩田さんたちが代官山蔦屋書店でスツールを作るワークショップをやっていらっしゃった時に、偶然DID代表の志村真介と理事の季世恵が通りがかって一目惚れしたのが最初だと聞いています。

 

特に季世恵さんが「きゃー、なんだか楽しそう」と吸い寄せられたとか(笑)   DID2

<代官山蔦屋書店でのスツール作成ワークショップ>

(岩田)はい、僕はもともとDIDのことが大好きで何度か経験していたので、声をかけて頂いてとても嬉しかったです!!

(井上)その後、秋のDID「五感の目覚めバージョン」という芸術やアートにちなんだ企画でmikketaさんとコラボレーションさせていただくことになり、DIDのエントランスでもmikketaのレターセットとかブレスレットとかいろんなものを販売させていただくことになりました。私はそこで折り紙を見つけて、即座に2セット買ったんです。 実は、もともと折り紙がすごく好きで、家には折り紙専用ボックスもあるんです。よく母親と一緒に折ってます。あと、和紙もすごく好きで、産地へ和紙作りに行ったこともあるんですよ。 折り紙にするかレターセットにするかちょっと迷ったんですが、目の不自由なアテンドのみんなにも体感して欲しいなと思って、立体で触れる折り紙にしました。mikketaの一輪挿しがすごく素敵だったので、飾れるようにバラを折り紙で折ったのが最初の作品です。

(ずな)私は先ほど話が出た「五感の目覚めバージョン」でmikketaのもとになるあまり糸の山を触ったのがmikketaとの出会いですね。ちょっとマニアックな出会い方かも(笑)   DID3

<実際に目の前でmikketa折り紙をおってもらいました>   IMG_5464

<目の不自由なずなさんに必要最小限のサポートで丁寧に折り方を教えてあげる井上さん>

2. mikketaの折り紙はできあがりが美しい

折り紙マニアの井上さんとしてmikketa折り紙はどうですか?

(井上)折ってみて、紙の硬さが折り紙にちょうど良いなと感じました。和紙なのと糸が練りこまれているという良さがあって、最終的に折り終わった時に形になりやすいです。 しっかりしているというか・・・柔らかすぎるとちょっとでも間違えただけでもすぐ破れちゃうんですよね。あと、色糸がランダムに散りばめられているので、ひとつずつ出来上がりをイメージしながら折るのが楽しいですね。 糸は紙の表にだけ出ているので、最初にどこからスタートすれば最後に外から糸がきれいに見えるか考えて折ります。  これはちょっと新しい折り紙の楽しみかたかも。一つとしておなじものはないからこそ、ですかね。   DID5

(ずな)糸はもっと入っていると触ってわかってうれしいかも。ボコボコとはっきりしていると「あぁ、糸だ」って紙を触っても楽しいし、出来上がりを触っても面白い。   (岩田)なるほど!mikketa和紙は美濃の丸重製紙さんで作ってもらっています。丸重製紙の専務さんと常務さんは「和紙ブラザーズ」と名乗っていらっしゃってとてもおもしろいお二人です。 糸を入れすぎるとだまになるおそれはあるけれど、和紙ブラザーズにお願いしてぎりぎりのラインを目指してみても良いですね。

 

今もランプシェードなどに向けて強度を高めたmikketa和紙を作ろうと新しく試作を開始しています。

(井上&ずな)ランプシェードができたらぜひDIDに置いてください!!真っ暗闇から明るいところへ移る間に、目を慣らすための少しだけ明るい部屋があるんですけど、そこにmikketaのランプがあったら和紙の優しい雰囲気とも合ってとても素敵だと思います。 それと、美濃に行って和紙ブラザーズにも会ってみたいな。(岩田)そうですね、ぜひ遊びに来てください!!「触って楽しいランプシェード」っていうのも、いいかもしれないですね。DID6

<ランプシェードの試作品>

3. 暗闇の中では、毎日が発見と工夫で溢れています

mikketaはmikke(発見)と+α(工夫)というプロセスを大切にしています。井上さんは普段の仕事で何か発見したり工夫したりというのはありますか?

(井上)うーん…毎日が発見と工夫の連続で、あまりにも刺激的過ぎて「特にこれが」というのは思い浮かばないですね(笑) 例えば、暗闇の中で何をやるかという内容を考えるのは季世恵さんなんですが、最終的にはスタッフやアテンドみんなで相談しながらできあがっていくものなんです。これってすごいことだと思うんですよね。

代表の真介さんや季世恵さんとまだ20歳のずなが同じ「暗闇の内容をどうしていくか」について、対等に対話して作り上げていくのって普通はなかなかないな、と。なぜこれが可能なのか考えてみると、私たちは「暗闇を通してお客さんに楽しんでもらいたいし、色々なものに気づいてもらいたい」っていう思いがあって、その為の気付きは日常の仕事の中でぽんぽん出てきているのだということを全員が共有しているからだと思うんですよね。日々の発見と工夫の積み重ねが今の暗闇につながっているというか。   (岩田)なるほど。確かにちょっと意識すれば毎日が「発見と工夫」に溢れていますよね。IMG_5459

4. リアルな体験を暗闇での対話を通して追体験

ところで、ずなさんはどんなふうにDIDをミッケしたんですか?   (ずな)私はもともと視覚障害があって関西で暮らしていたんですけど、地元だと視覚障害者ってもともと少ないので盲学校にもあまり人がいなくてつまんないなと思って。東京の学校だと人と沢山話せるし競争もできるから、それで中学生から寮で暮らし始めました。 親は高校行く時も大学行く時も、あともうすぐ就職するんですけど今も「帰ってきたら?」ってずっと言ってます(笑)この話をすると人はすごいって言ってくれますが、自分では普通だな、と思ってます。   IMG_5458

それで、高校の先輩がDIDでお仕事してて接客業楽しいよって誘ってくれたのが、興味を持ったきっかけです。 視覚障害者にとってDIDのような接客業はやっぱり珍しいですね。一般的にはマッサージ師かプログラミングのシステムエンジニアが多いですから。 DIDは一人ひとりの個性をより活かせる場所だし、参加者の皆さんの人生ストーリーを聞くことができて、本当にすごいところなんだなって思っています。

読書が好きなんですけど読書って自分ひとりでは経験できないことを知ることができるじゃないですか。

私、これまででたぶん1000人くらいアテンドしているんですが、DIDは読書のもっとリアル版というか。たとえばアメリカに住むとかニュージーランドに行くとか、全部やってたら20年じゃ足りないし、80年でも足りないし・・・でも、DIDにいたらニュージーランドで星を見た話とかイルカと泳いだ話が聞けたり、逆に暗闇の中で内戦をしているところを思い出したとか被災地に行ったことを思い出したとか、明るい話も暗い話も本当に色々聞けて。ちょっとおこがましいけど、参加者の皆さんの思い出とかを追体験できる、それが今やってて面白いって感じています。

(岩田)自分が二十歳だった頃を思い出すと同じ二十歳とは思えない…素晴らしい経験をされていますね。参加者だけでなく、アテンドの皆さんにとっても素敵な場ですね。改めてDIDのことが好きになりました。

5. エピローグ 井上さんとずなさんはDID入社が同期ということもあり、和気あいあいと楽しくインタビューは進みました。ご紹介しきれなかった面白いエピソードもとってもたくさんあります。

 

言葉でお伝えするのは難しいDIDの魅力…このインタビューでも全然語りきれてはいないので、ぜひ実際に体験してみて頂ければ嬉しいです。 今回のインタビューや商品に対するご意見・ご感想がありましたら、ぜひ hello@mikketa.jpまでご連絡ください。

2016.01.15 / お客様インタビュー

「箱庭|haconiwa」へ掲載していただきました。

女子クリエーターのためのライフスタイルつくりマガジン「箱庭|haconiwa」にキーコーンをご紹介いただきました。

 

製造工程で捨てられてしまう糸巻きの芯を活用! 岐阜発のデザインプロジェクト「mikketa」のキーコーン | 箱庭 haconiwa|女子クリエーターのためのライフスタイル作りマガジン 2016-03-14 09-59-45

http://www.haconiwa-mag.com/magazine/2016/03/mikketa/

「箱庭|haconiwa」とは女子クリエイター集団による日々の中に見え隠れする「なんかいいな」と共感できるモノ・コトを同じような仕事をしている人たちとシェアするための“ライフスタイル作りWEBマガジン”です。

 

箱庭の名前の由来もおもしろくて、みんながそれぞれ持っている自分の大好きな「領域」を”箱庭(haconiwa)”と呼び、その大好きなモノやコトが詰まった「箱庭」をたくさん集めて、みんなで共有してていねいで豊かな生活を送りたいという思いが込められているそうです。そんな大好きなモノやコトが詰まった「箱庭|haconiwa」にmikketaが加わってとても嬉しいです鍵だけでなくアクセサリーなどちょっとしたものも飾れるキーコーン。 デザイナーでキュレーターの松本理絵さんによって語られるキーコーンの魅力是非ご覧ください。

— 今回ご紹介いただいた商品

キーコーン

Key Cone / キーコーン ¥1,560 税込SIZE: W70 H190 D70 MATERIAL: 糸巻きの芯、ABS ※その時々に手に入る廃材を利用して作成しています。 ひとつひとつ柄の見え方が異なります。
2016.01.14 / お知らせ

WEBマガジンcolocalに掲載されました!

トライ&エラーを重ねてできた〈mikketa(ミッケタ)〉の毛糸のプロダクト 11月下旬、colocalの編集者さんとカメラマンさんがmikketaの取材にお越しくださいました。

 

岐阜県内の企業やプロジェクトを中心に、持続可能なものづくりにフォーカスを当てるシリーズの1つとして、mikketaに興味を持っていただいたとのこと。取材には、プロジェクトリーダーの岩田、メンバーの伊佐、TABの横山さんが参加しました。

 

img_0207

あまり語られなかった裏話や、mikketaの始まり、地域との繋がりに至るまで…。リーダー岩田のプロジェクトに込める強い思いが、ぎゅっ!と詰まった記事となっております。

2016.01.14 / お知らせ

住まいの提案、岐阜にご掲載いただきました

地場産デザインたちのメディア「住まいの提案、岐阜。」にmikketaをご紹介いただきました。IMG_3638

mikketaのプロダクトやワークショップについてご掲載いただきました。

<取材風景>

mikketaから住まいづくりのヒントがみえてきますね、とコピーライターの船戸さん(右) 住まいの提案岐阜取材風景 住まいの提案岐阜取材風景 住まいの提案岐阜取材風景

サイドテーブルを組み立てながら商品のご説明をさせていただきました。 住まいの提案岐阜取材風景

「 住まいの提案、岐阜。」は岐阜県、一部愛知県の書店でお求めいただけます。

お見かけの際は是非お手にとってみてください。

2016.01.10 / お知らせ
...23456...10...

CATEGORY

ARCHIVE