NEWS

ダイアログ・イン・ザ・ダーク × mikketa コラボイベント速報!

皆さん、以前の投稿を覚えていますか? グランフロント大阪で開催中(~10月31日まで)のダイアログ・イン・ザ・ダーク × mikketa コラボイベント、 「暗闇の中のアート『感じる秋』」。ダイアログ・イン・ザ・ダークよりイベント速報が届いたので、こちらでシェアいたします! 行った方も、これから行く方も、遠くて行けない!という方も… ほんの少しだけ、どんなイベントか覗いてみましょう。

 

did4

まずはこちらの絵から。小学生が、暗闇の中で感じたことを素直に表現してくれたとっても惹きつけられる心地の良い絵だなぁ、と思いました。

 

と同時に、’照度ゼロの真っ暗な暗闇の中にある家’が気になります!

did1  did2

感想室でのお写真。  海外からのお客様もいらっしゃったようで、とっても愛くるしいポーズと笑顔ですね。 アテンドの方からのお話では、 “あるお客様は、真っ暗なお家の中での糸や座布団の感触に感動され、感想室では涙ぐみながら、ご自身のお話しをしてくださり、最後には「今日の体験が何かここから抜け出すきっかけになりそうです。」というお言葉を残して帰られました。 ” とのことです。また、ほかのお客様は、ふわふわで気持ちよくなり、雪合戦のように遊ばれたとか! 真っ暗なお家、ますます気になりますね…。   did3

お客様からの声も届いています。

・忘れていた風のひんやりした感じ、美味しい紅茶の香り、ふわふわの糸の手ざわり、すべてを思い出させていただく事ができました。 adidas zx flux pas cher もう一度来たいです。(23歳 女性)

・まだ外は夏の名残りがあり「早く秋を感じたい」と思ってきました。糸の暖かさ、タペストリーの手ざわりに安らぎを感じました。 春夏秋冬ってやっぱり日本の宝物ですね。(53歳女性)

・ふもふもきもちよかった。  (38歳女性)

皆さんの感想はそれぞれ、感じ方もそれぞれ。 十人十色のmikke(発見)がありそうですね。イベントも残すところ2週間、後半に突入です。

私は残念ながら参加できないのですが、もっともっと皆さんの声をシェアして頂けたら嬉しいです。mikketaコメントページや、facebookのコメント欄より、感想をお待ちしています!

ところで写真の中で皆さんが手にしている円錐型のもの、何かご存知ですか?生地を作る過程で廃棄される’糸巻きの芯’なのですが、mikketaではアップサイクルしています。

ご覧の通り、糸がなくなるとポップでかわいい模様が登場! 鍵をかけるキーコーンやペンスタンドとして、ご使用いただけます。

2016.01.16 / お知らせ

mikketaコラボ ダイアログ・イン・ザ・ダーク「暗闇の中のアート『感じる秋』」を開催中です

ダイアログ・イン・ザ・ダークとのコラボレーションイベント 暗闇の中のアート『感じる秋』を開催中! 9月29日(木)~10月31日(月)積水ハウス住ムフムラボ(グランフロント大阪・北館4階)   ところで皆さん、「Dialog in the Dark / ダイアログ・イン・ザ・ダーク」(以下DID)はご存知ですか? それは完全な暗闇の中で、視覚以外を使って体験するエンターテイメント型ワークショップ。リオパラリンピック閉会式の「東京PR」パフォーマンス、記憶に新しい方も多いと思います。そこに登場した、座頭市の様に闊歩した男性 桧山さん。その方が、東京のDIDでアテンドをしている方なんです! 私はライブで見ていたのですが、世界中から注目されている中で堂々とされた 桧山さんの姿には感動させられました。その桧山さん、実はmikketaプロジェクトメンバーの伊佐が去年 DIDでアテンドしていただいていました。

 

こちら、ご覧ください。

ダイアログ・イン・ザ・ダーク 桧山さんの姿、わかりました?   DIDとの出会いは、代官山蔦屋で開催したmikketaワークショップがきっかけでした。mikketaだけでは実現できないことを、周りの人をどんどん巻き込んで新たなmikke(発見)を探したい。そんな思いでDIDとの繋がりも、回を重ねるごとに強くなっています! 今回のイベントは大阪での開催、お近くへお越しの際はぜひあなたのmikkeを探してみてください。(イベントには予約が必要です。空席照会・チケット購入)   こちらからDID×mikketaの過去の記事もご覧できます。

2016.01.01 / お知らせ
1

CATEGORY

ARCHIVE